RUSTY

RUSTY SURFBOARDS PRICE

TOP > PRICE

<BASIC PRICE>

長さ

~6'6まで

\98,000-

長さ

6'7~7'2まで

\106,000-

長さ

7'3~7'11まで

¥114,000-

長さ

8'0~8'11まで

¥122,000-

*ベース価格は、サンディングフィニッシュ仕上となります。
*幅 19 3/4(50cm)以上は、+¥3,000-となります。
*FINカップは3FINまでの価格となります。
(4/5FINの場合は別途となります。EXTRA CHARGEをご参照下さい。)
*ボトム形状により、別途必要なものがございます。
(チャンネルボトム 4/6などは別途価格加算となります。)
*表記価格はすべて税抜となります。

<EXTRA CHARGE>

追加/変更/加算 箇所内容価格(税抜)
幅WIDE 19 3/4(19.75)INCH 50cm以上 ¥3,000-
ボード仕上(Finish)サンディッドグロス¥15,000-
ポリッシュ¥20,000-
素材(Material)E.P.S(Expanded Poly-Styrene)¥3,000-
レール(Rail)グラブレール¥5,000-
ボトム(Bottom)チャンネルボトム 4チャンネル¥6,000
チャンネルボトム 6チャンネル¥8,000
クロス(Cloth)ヘクセルファイバーグラス Sクロス 両面¥4,000-
レジン(Resin)レジンカラー 単色(片面)¥10,000~
レジンカラー 単色(両面)¥15,000~
フィン(Fin)Wood Fin On Twin\4,000-
4 Fin(プラグのみ)(グラスフィンオン)¥2,000-
5 Fin(プラグのみ)(グラスフィンオン)¥4,000-
カーボン(Carbon)ハイブリッド(Hybrid)¥5,000-
ネット(Net)¥5,000-
ストライプ(Stripe)¥2,500-
デッキ(Deck)¥7,000-
エアブラシ(Air Brush)White(両面ホワイトベタ)¥3,500-
Color(両面ベタ ホワイト以外)¥6,000-
Custom(オリジナルブラシ)ASK

サンドグロスフィニッシュ

最終工程の“磨き“をしていない仕上げ方法で、サンドフィニッシュとは違い、 強度、重量感はポリッシュ仕上げとは変わらず、波のホールド感が強くなる。

ポリッシュ

サンディングフィニッシュをしてからもう1度クリアのレジンを刷毛で丁寧に塗る工程。
ボードに艶、光沢を持たす仕上げで、輝きが増し更にカスタマイズ感が出ます。
レール、片面のみもご指定可能ですが、加工面積に比例して重量も増します。
レトロショートやロングボードによく使われます。

EPS/EPOXY

エポキシ素材を使用するボードのこと。
通常のPU樹脂に比べエポキシレジン(樹脂)は 遥かに硬度が上がります。
頑丈で長持ちし、軽くて速いのでパドリングの走りだしが速くなります。
ただPUに比べ、凹みやすくレールを強く握ると指の跡がついてしまうこともあります。

グラブレール

ボードデッキ両サイドに凹みを加える事で ドルフィンの際、レールがつかみやすくなります。
浮力のあるボードも沈めやすくなるので、おじさんサーファーや女性サーファーなどにお勧めです。

チャンネルボトム

ボトム面にコンケーブを細かく入れる仕上です。
波の状況がダイレクトに伝わり、ターンがしやすくなる半面、振動が大きくなる為、扱いはむずかしくなりますが、状況が合えば強烈なパフォーマンスが発揮できます。上級者向けの仕様になります。

へクセルファイバーグラス S CLOTH(Sクロス)

通常のクロスに比べてよりキメが細かく丈夫です。
これを1層だけ巻くことによって、より軽量な仕上がりに、そしてフレックスさが向上します。
デメリットは、1層巻のため、衝撃に弱いということです。
フットマークもすぐに付きますし、パワーのある波で変な巻かれ方をすれば、折れることもございます。プロライダーやコンペ向けにて上級者にお勧めします。

レジン

ブラシとは違ってフォームに着色するのではなく、ラミネート時にコーティングする樹脂に混ぜて着色するカラーリングです。
透明感のない塗料での着色をピグメント、微妙にフォームが透けて見えるような透明感のある塗料での着色をティントという。

フィン

3フィンまでは標準となります。4~5Finの場合の別途価格となります。
カップは、FCS2かFuturesでのご選択となります。

CARBON~

サーフボード補強用カーボンプロテクト。カーボンはとても軽く、 曲げる力にとても強くしなやかです。
よく、へこむ箇所(デッキ部分)やクラッシュ しやすい箇所(テールエンド)に入れることによって、へこみやクラッシュを最小限に抑えます。

エアブラシ

WHITE(両面ベタ)をすることで、日焼け・黄ばみ防止となります。
入れると入れないとでは、使用頻度に比例して見栄えが大きく変わってきますので出来ればお勧めとなります。
COLORやCUSTOMに関しましては、自分だけのオリジナルを作りたい方やお気に入りのデザインを作りたい方にお勧めとなります。